前へ
次へ

毎日の食事で気になる便秘を改善しよう

食べたら出す、これが健康の基本ですが、便秘に悩まれる方が少なくないのも実情です。
下剤に頼れば改善するとはいえ、下剤は服用を続ければ次第に効き目が弱くなり、より強力な下剤が必要になります。
しかしそれではやがて限界が訪れますので、食べて便秘を改善したいところです。
便秘の原因は幾つもありますが、腸内で善玉菌が減少していることも多い原因です。
この場合の改善方法は、ビフィズス菌などの乳酸菌を摂取して、善玉菌を増やすことが知られています。
ですが一層善玉菌を活性化させるには、オリゴ糖といったエサとなる成分を摂取することも重要です。
そこで乳酸菌食品を食べる時は、オリゴ糖も一緒に食べると良いでしょう。
一方、食物繊維も便秘解消ではポピュラーですが、予防目的なら不溶性食物繊維を、改善目的なら水溶性食物繊維を多く含む食品を意識してください。
便秘の時に不溶性食物繊維を摂取しますと、便が膨張して余計に便秘に傾くことがあります。
そして海藻類など、水溶性食物繊維を多く含む食品を食べる時は、水分も合わせて取ると良いでしょう。
また、お酢も整腸作用がありますから、一緒に摂取するのも魅力的です。

Page Top