前へ
次へ

しっかり噛むということについて

しっかり噛め、ということは老若男女言われてきたことです。
両親から、祖父母から、さらには学校までそういっています。
しかし人によってはなぜという考えもでてくるでしょう。
何しろゴムのようになった肉を噛み続ける、餅のようになった米を食べ続ける、そうしたことはおいしい食事においてマイナスが大きいからです。
額面通り30回しっかりという教え方をしているとそうなってしまいます。
ですが大切なことは唾液の分泌と顎の基本的な運動です。
数字はさして重要ではありません。
それにただ噛むとなると一度にたくさん口に入れるということもあります。
若者ならばそれは特に影響の大きなものでしょう。
結局は小さく食べても30回と同じ数字では意味がありません。
しっかり顎を動かして味わって、最後に飲み込んで一息ということを毎回やればいいだけです。
畜肉ならば一口目の脂感は口の中でほぐれていき、噛めば噛むほど口の中でまじりあって滋味としてゆったりしたものにかわります。
米は優しい甘さに、野菜はしゃきっとした食感が最後にはじんわりと滲む程度に、と穏やかに味わうことが大切です。

Page Top